今晩からしばらく冷え込むそうです!【凍結防止・処置について】

今晩から再び冷え込みが強くなりそうです。

また給湯器・給水管が凍結する恐れがあります。

防止対策をしっかりして凍結しないように気をつけてください。

もし、凍結してしまったら…焦らず溶けるのを待つしかありません。

対処法を記載しますので、参考にしていただければと思います。

 

【給湯器の凍結防止対策】
1.電源プラグを抜かない
最近の給湯器は、凍結防止にヒーターや循環ポンプなどを備えています。ですから、長期間留守にする場合でも、必ず電源プラグをさしたままにしておきましょう。「電気代がもったいない」と思って抜いてしまうと、凍結防止装置まで作動しなくなってしまいます。

2.運転スイッチを切って、水を細く出しっぱなしにしておく
水は流れていると凍結しにくいものです。ですから、凍結防止装置の付いていない古い給湯器を使っている場合は、夜間に運転スイッチを切りましょう。そして、水を細く出しっぱなしにしておくのです。お風呂の栓を抜いておけば、水があふれ出す心配もありません。水道料が不安だと思う方もいるかもしれませんが蛇口を全開にしなければ、水道料がはね上がることもないでしょう。

目安は、ぽたぽたとしたたり落ちるよりも少し多い程度。細い流れとなって水が蛇口から落ち続けるくらいにすれば大丈夫です。追い炊き機能付きのお風呂を使っている場合は、循環アダプターより5センチ以上上までお風呂のお湯を張っておきます。そうすれば、自動的に水が循環して凍結が防止できるのです。

3.水道管に凍結防止のテープなどを張る
給湯器内部の凍結は防げても、給湯器から各蛇口へつながっている水道管の水が凍結してしまう場合があります。給湯器から伸びている水道管が長い場合は、そこに凍結防止のテープなどを張りましょう。北国ではホームセンターに行くと水道管の凍結を防止するグッズがたくさん売られています。それらを使えば、凍結防止が可能です。

また、凍結防止グッズがないときに低温注意報が出たら、古い毛布を水道管に巻いておきましょう。それだけでも、十分凍結防止になります。

 

【凍結してしまった場合】
1.基本は放っておく
給湯器の内部や水道管の中の水が凍りついてしまった場合、すぐにできることはあまりありません。外気温が上がって内部の水が溶けるまで待つしかないのです。

給湯器が点火できる場合は、熱いお湯を流して水を溶かす方法もありますが、給湯器が動かなければどうしようもないでしょう。少しでも早くお湯を使いたいという場合は、熱湯を水道管にかければ解凍が早まります。

しかし、水道管が変形しないように注意してください。タオルなどを巻いてその上から熱湯をかけるとうまくいきやすいです。ただし、ガス管と間違えないように注意しましょう。

また、給湯器の電源プラグなどに水がかかると漏電の恐れがあります。さらに、水が出てもかけたお湯をそのままにしておくと、それがまた凍りついてしまうのです。無事にお湯が出たら、水道管にかけたお湯はしっかりと拭き取りましょう。

2.水道管が破裂してしまったら?
凍った水が原因で水道管が破裂してしまったら、水が止まらなくなります。ですから、水道の元栓を閉めてすぐに業者に連絡してください。冬季にはこのような事故が増えるため、水道業者や給湯器を扱っている会社は、ある程度は心得ています。しかし、年末年始に給湯器が壊れてしまった場合は、直るまでに時間がかかることも多いでしょう。

2018年02月03日